飛行機とヘリコプター、免許の違い

飛行機やヘリコプターのパイロットは、まさに夢のような仕事ですよね。空を自由に飛びたい、その願いは古くからあり、空に思いを馳せて、空で仕事ができたならどれだけ幸せか、そう夢想する方も多いのではないでしょうか。ですが、パイロットになりたいからと言ってもそう簡単になれるものではありません。それでは、飛行機やヘリコプターのパイロットになるためには、どのような資格が必要になるのでしょうか。

まずは飛行機とヘリコプターを操縦するために必要となる免許についてご紹介します。飛行機やヘリコプターは自動車と同じく、操縦するためには免許が必要となります。飛行機は固定翼、ヘリコプターは回転翼と呼ばれ、固定翼免許や回転翼免許を取得していかなければなりません。それぞれの免許は更に自家用と事業用の2つに分かれることになり、パイロットとして仕事をするためには事業用の免許を要することになります。つまり飛行機のパイロットとして仕事をしたいのであれば事業用固定翼の免許が、ヘリコプターならば事業用回転翼の免許を取得しなければならないわけです。自家用免許を持っていれば自分で機体を操縦することはできますが、仕事として人を乗せた上でフライトすることはできませんので注意が必要です。

さて、それではパイロットになるためにはこの他にどのような資格や能力が必要になるのでしょうか。当サイトでは、飛行機やヘリコプターのパイロットになるために必要なことについて紹介していきます。